釣 秋桜のきらら絵 〜「きらら絵」はこころの灯り 「かな書」は心の形 日本のこころ〜
秋桜の「きらら絵」
釣秋桜の業績(発明・発案)
「きらら絵」画法の開発
料紙「きらら絵」として伝統料紙の技法を踏まえながら、発展的現代料紙として独自の技法を開発、「秋桜のきらら絵」と名づける。
かな書・on
料紙きらら絵を始め、和紙、写真、グラフィック、ガラス、ファブリック(布)、などのさまざまなデザインに合わせて、言葉を選び、それを「かな書」で表現します。
「筆音模写法」の発案

かな書家 ・ 書画法きらら絵 ・ 秋桜会主宰
釣 秋桜 Tsuri Shuoh
早稲田大学卒
松蔭女子学院大学非常勤講師
現在 読売書法会幹事/日本書芸院一科審査会員/兵庫県書作家協会委員
書画法きらら絵・かな書道秋桜会主宰
書道師匠:故山口南艸先生 阪本千楸先生

個 展
  • 「あなべる」にて初めての個展
  • モロゾフ株式会社バレンタイン企画イベント参加
  • 阪急百貨店ミュージアムヘテロアート展
  • スペイン資生堂キャンペーンイベント企画参加
  • 「新神戸オリエンタルホテル」個展
  • 東京「銀座鳩居堂」個展
  • 「心斎橋大丸百貨店個展」
  • 「神戸らんぷミュージアム」個展
  • 「神戸外国クラブ」個展 
  • 東京「京王プラザホテル」個展
  • 東京「六本木AXISアクシス」個展
  • 神戸トーアロード「サーガ」個展
  • 神戸元町「トーアギャラリー」個展
  • 釣秋桜個展「原点」重要文化財「鶴下絵和歌巻」模写
  • 「神戸大丸百貨店全館」展示個展
  • 「神戸ランプミュージアム個展

Copyright © 2015. SHUOH’S KILALAE All rights reserved.